エディックの特長

ホーム > エディックの特長 > 思考力・判断力・表現力を鍛える教育システム

思考力・判断力・表現力を鍛える教育システム

思考力判断力表現力

双方向の授業と
最新の教育システムが
空間認知能力と
論理的思考力を養成。

従来の教育では知識・技能の習得が重視されてきましたが、それだけでは今後は通用しません。近い将来、マニュアル通りの仕事はAI(人工知能)に取って代わられ、正解を自ら探す能力が必要な社会へと変化していくからです。

新カリキュラムでは今後求められる思考力・判断力・表現力を、小・中学生のうちから各学年に沿ったアプローチで育成します。

双方向の授業で引き出す 「考える力」

エディックの授業は一方的な講義形式ではありません。常に講師と子どもたちの間で発問応答を繰り返しながら、授業を進めていきます。そうした生徒自身が考えながら臨む授業を通して「思考力」を鍛えていきます。

考える力

全教科で役立つ「論理的思考力」

難解な長文読解問題でもつながりを正しく認識し、筋道立てて考え、答えを導き出すことが可能な論理的思考力。どの教科においても役立つ、必要不可欠な力と言われています。エディックでは日々の授業の中で論理的な思考力を育成しています。
●論理エンジン


対応講座は一例です

論理的思考力

動画で育む「空間認知能力」

三次元空間上での物の位置や形状を直感的に認識する空間認知能力は、特に算数・数学において重要な力と言われています。エディックでは、動画で図形の展開図や切断面の問題をわかりやすく解説し、子どもたちのイメージする力を高めます。
●形の匠
●玉井式国語的算数教室

形の匠

身につけた知識を活用する「表現力」

表現力とは、自分の「思い」や「考え」を伝えたい相手にわかりやすく伝えること。多読による語彙力の向上や家庭で行える知識の予習学習を通して、記述式問題で必要とされる「自分の意見」を明確に表現できる子どもを育てます。
●まなびのアトリエ
●玉井式国語的理科教室
●創造学園文庫
●Speed Master Reading

表現力を身につける授業

試行錯誤を積み重ねて鍛える「判断力」

常日頃から自分で物事を判断することで養える判断力。学びの中での小さな挑戦を繰り返し、問題の理由を考え次の判断に活かす「トライアル・アンド・エラー」の積み重ねで経験値を上げていきます。
●理科実験
●ロボットプログラミング教室

ロボットプログラミング教室