自信の講師陣

子どもたちを
“イキイキ”とした表情にしたい

創造学園本山本部校 校長

正木 まさき 秀一郎 しゅういちろう 先生

PROFILE
  • 担当教科
    国語、英語
  • 血液型
    O型
  • 趣味
    サッカー、フットサル
  • 特技
    ゴールキーパー
  • 指導歴
    11年
  • 座右の銘
    日々前進 日々進化

創造学園で学んだことが原点

自分が小学校時代に、創造学園に通っていました。塾、勉強が楽しいと感じ、その時、この塾の先生になれたらなと思っていたことを覚えています。その後、高校受験、大学受験を通じて学んだことを、伝えることができる先生になりたいという思いが強くなりました。

子どもたちに伝えたいこと

自分の将来は自分の力で切り開くことができる。そのために、「我慢すること」、「努力すること」、「『自分ならできる』という自信を身につけること」などを勉強、受験を通じて伝えていきたいです。

イキイキとした子どもたち

「わかった!」「できた!」を体感してもらえる授業ができ、子どもたちの表情がイキイキとしている時は、うれしいです。特に、その科目が苦手な子がイキイキと授業を受け、宿題も頑張ってきてくれた時は非常にうれしいです。

正木 先生って、こんな先生

神戸高校2年 H.O.くん
正木先生の授業は英語の力がついてきた、と自信を与えてくれます。自分が周りに追いつけずに悩んでいるときも、分かりやすい授業と丁寧な解説ですぐに不安も解消し、さらには受験に向けて背中を押してくれました。もちろん、面白い先生なので、授業も楽しいし、授業以外の場面でも楽しかった思い出がたくさんあります。そんな先生のもとで入試まで勉強することができたので、英語を武器にして本番に挑むことが出来ました。今の高校生活があるのは正木先生の存在があってのものです。皆さんも先生と共に自分の将来の道を切り開いてください。

宝物は生徒、卒業生とのつながり

中学3年生が、高校入試を終え創造学園を卒業していくときに手渡してくれた手紙、高校生になってからも折々に報告をしに来てくれること、卒業生が大学生となってから大学生講師として一緒に働けること…  それぞれの生徒、卒業生とのつながりが私にとっての宝物です。
特に、印象に残っている思い出は、中学3年生の夏に東京に引っ越しした生徒が、状況報告をし続けてくれたり、卒業祝賀会(3/19合格発表の日に行う慰労会)にわざわざ、東京から駆けつけてくれて、仲間と共に高校での頑張りを誓い合ったことです。生徒とのつながりを実感し、非常に嬉しかったです。