自信の講師陣

前向きな気持ちの大切さを
伝え続けたい

教務第1課主任・名谷本部校

山入端 やまのは 宏子 ひろこ 先生

PROFILE
  • 担当教科
    算数・数学
  • 血液型
    B型
  • 特技
    水泳
  • 指導歴
    12年
  • 座右の銘
    為せば成る

「先生」という職業へのあこがれ

親にそろそろ行ったらどう?と言われたのがきっかけで、小学6年生の冬に初めて塾という所へ行きました。新しい環境に飛び込むことはとても不安でしたが、いざ塾に通い始めてみると、いろんな学校の新たな友人もでき、勉強も少しずつ楽しくなり、塾が本当に大好きな場所となりました。勉強に対して前向きな気持ちで取り組めるようになり、数学で分からないところがあり困っていた友人に教えたところ、「めっちゃ分かりやすかった!ありがとう!」と言われたのが、本当に嬉しく、「先生」という職業をその時から強く意識するようになりました。学生時代は、個別指導の講師として働いていましたが、やはり自分が一番強く影響を受けた集団での授業を担当したいと思い、エディックに入社しました。

前向きな気持ちで向き合っていきたい

子ども達に一番よく話すのは、「前向きな気持ちを忘れないようにしよう」ということです。「しんどい時は成長している証だ」という言葉を聞き、ただしんどいと感じていた気持ちが、しんどいことは必ずしも悪いことではない、むしろ成長しているからこそしんどいのだ!と、前向きに考えることで、とても楽になることを自身も経験しました。物事には必ず+(プラス)と-(マイナス)の考え方があります。-(マイナス)に出会ったとき、それを+(プラス)に変えられるよう、前向きな気持ちで様々なことに取り組むことの大切さをこれからも伝え続けたいと思います。

人生の1ページに携わる先生という職業

先生という職業しか経験をしていない為、偏りがあるかもしれませんが、本当にたくさんの子ども達の人生の1ページに携わることのできる素敵な仕事だと感じています。実際にエディックに通ってくれている時も、成長を感じて嬉しくなることは多々あります。また、卒業した後でも遊びに来てくれたり、また街中で偶然出会って近況報告をしてくれます。何年も会っていなくても、会った時に「先生、お久しぶりです!」と声をかけてくれたりして、本当に嬉しくなります!

忘れられない思い出

ある日、いつも通り授業を始めようとした時、いきなり教室の電気が消え、委員長の号令と共に、ハッピーバースディの大合唱が起こりました。理科実験で作ったゆらぎ灯というろうそくをゆらしてくれながら…。その後、クラス全員からのメッセージが入った色紙をもらいました。色紙のデザインをいろんな生徒が描いてきて、どれにするかを相談し合って決めたとのこと。私にばれないようにこっそりと以前から準備をしてくれていたと後から聞きました。2時間目のクラスに行くと、ホワイトボード一面に誕生日のお祝いの言葉が書かれていました。「先生、今日はこれ消さないでね!」と言われ、メッセージだらけの隙間にその日は授業を行うことになりました。笑 他にも教室を異動する際の子ども達からの手紙、卒業する生徒からの手紙など、数えきれないぐらいの宝物を子ども達からもらっています。